【 プロ野球選手から教師へ 】大学進学で高校野球の監督・コーチで甲子園を目指す選手たち

JEY(ジェイ)

JEY(ジェイ)

 

プロ野球引退後に進学して教員と野球部指導者となる選手がいます。
今回はそんな彼らのその後の活躍と取り巻く環境について解説していきます。

 

[ スポンサーリンク ]

 

当記事は以下の記事の詳細ページとなります。

 

引退後に「大学進学」を選ぶ選手たち

 

引退後の進路で変化が出てきているのが「進学」という選択肢
特に2018年からは國學院大學と選手会が提携し、進学サポートを行っています。

そうした影響もあり、若干名ですが進学する引退選手が継続的に出ています。
また、将来安定した職業につきたいと考える選手が多くなってきた影響もあります。

2015年オフ以降に進学した選手

選手名 所属球団 進路
2015年
オフ
田上健一 (27) 阪神 通信制の星槎大学共生科学部に進学 (不明)
オリックススコアラー (2016-2017)
データスタジアム (2018-2019)
株式会社ケイコンテンツ (2020-)
鈴木将光 (28) カープ 鍼灸師取得のため朝日医療専門学校広島校に進学 (2016-2018)
MSH医療専門学校野球部コーチ (2018-2019)
伊関鍼灸整骨センター (鯉のはなシアターで紹介) (2019-2020)
すずき鍼灸整骨院 開業 (2020-)
2016年
オフ
伊藤義弘 (34) ロッテ 日本体育大学大学院に進学 (不明)
東福岡高校に保健体育教員として勤務 (2020-)
2017年
オフ
今井啓介 (30) カープ 鍼灸師取得のため専門学校進学 (2018-2020)
(同時にエレメンツストレッチに勤務)
鍼灸師の免許取得 (2021) (開業準備中)
松浦耕大 (24) カープ 柔道整復師取得のためMSH医療専門学校に復学 (2018-不明)
奥波鏡 (22) オリックス 関西メディカルスポーツ学院に進学 (2018)
(2018年6月に退学)
2018年
オフ
幸山一大 (22) ソフトバンク 國學院大學 (人間開発学部健康体育学科)に進学 (2019-)
2019年
オフ
岡林飛翔 (20) カープ 國學院大學 (人間開発学部健康体育学科)に進学 (2020-)
島孝明 (21) ロッテ 國學院大學 (人間開発学部健康体育学科)に進学 (2020-)
大木貴将 (27) ロッテ 教員免許取得のため進学希望
※ Twitterで2021年3月に記述 (現在は削除)
2020年オフ 藤田航生 (22) 西武 理学療法士取得のため養成校に進学 (2021-)
※ Instagramに仕事と学校に奮闘と記載
阿知羅拓馬 (27) 中日 柔道整復師取得のため東海医療科学専門学校に進学 (2021-)
プロアスリート・セカンドキャリアサポート制度で入学
名古屋学院大 コーチ (2021-)
石川駿 (30) 中日 柔道整復師取得のため東京柔道整復専門学校に進学 (2021-)
ロキテクノ富士 (コーチ兼) (2021)
山田大樹 (32) ヤクルト 鍼灸マッサージ師取得のため養成校に進学 (2022-)
※ 2021年進学は願書期限が間に合わず見送り
※ 愛工大名電 コーチ (2021-)
指導回復制度による高校指導の記事はこちら
2021年オフ 松井義弥 (21) 巨人 大学進学 (2022-)

 

尚、三ツ間卓也氏もイチゴ農家を目指して農業研修養成校に進学しています。
ただ、当校は学校教育法や職業能力開発促進法に準じた教育機関ではありません。

 

① 2016年以降に4年制大学に進学したのは5人

 

2016年以降に退団と同時に進学したのは14人。
14人中、学に進学したのは5人となっています。

内訳は通信制が1人、大学院が1人、4年制大学が3人。
そのうち、4人が教員免許の取得を目指して進学しています。

大学進学以外を選んだ選手は医療系専門学校に進学。
“教員免許取得”と”医療系資格取得”の2つが主な選択肢となっています。

 

② 國學院大學「セカンドキャリア特別選考入学試験」と協定締結

 

2017年11月に選手会と國學院大學が「セカンドキャリア特別選考入試」の協定を結んでいます。
中学・高校の保健体育教員免許小学校の教員免許が取得でき、選手のキャリアも十分に生かせます。

  • 学部学科 人間開発学部 健康体育学科
  • 受験資格 日本プロ野球選手会が推薦する元日本プロ野球選手会所属選手
  • 選考方法 作文、面接
  • 合格枠  3名
  • 合格枠  入学金と授業料を4年間免除
  • 試験要綱 PDF資料

 

2018年オフには元ソフトバンクの育成選手だった幸山一大氏(22)が初の合格者に。
いくつか記事を読ませて頂きましたが、誠実そうな芯のしっかり方で今後の活躍期待しています。

 

2019年オフには元カープの岡林飛翔氏(20)、元ロッテの島孝明氏(21)の2名が合格。
現在、この3名が在籍し、教員免許と野球指導者を目指して学生として頑張っています。

youtube動画
参照 : 【引退の真相/前編】21才で引退決断、元ロッテ・島孝明投手のセカンドステージ(前編) / Full-Count 【公式】

 

ただ、2020年オフ以降はセカンドキャリア特別選考入試を利用する選手はおらず。
教員目的の体育学部以外も選択できるようになれば入試を受ける選手も出てきそうです。

尚、島孝明氏は2021年よりベースボールアナリストチームRAUDを開始。
元プロ野球選手の経験を活かして、野球のアナリストとしてもすでに活躍しています。

 

[ スポンサーリンク ]

 

③ 教員勤務歴10年、5年、2年、そして解禁へ

 

アマチュア野球指導解禁までには以下のような遍歴があります。
当初は教員勤務歴が10年必要でしたが、5年、2年と短縮され、2013年には解禁に。

教員制度初の監督就任となったのは後原富氏。
“10年”という基準は後原富氏が日本高校野球連盟会長に直訴したそうです ()

2013年からは教員就任すぐから監督就任も可能となりました。
元ロッテの伊藤義弘氏は2020年に教員としてスタートし、同年に監督就任となりました。

指導に必要な教諭歴の遍歴

指導条件 該当監督
1984年 教員勤務歴が10年間必要 後原富
1994年 教員勤務歴が5年間必要 佐藤文男・西村高司
1997年 教員勤務歴が2年間必要 阿井英二郎・大野久・竹本修・有倉雅史・佐野心・酒井弘樹
古賀豪紀・若林弘泰・大越基・青木和義・川俣浩明・吉田道
2013年 教諭歴規定を撤廃 金森栄治・内田和也・小林昭則・染田賢作・伊藤義弘

※ 元プロ野球選手の大学野球監督は2005年に解禁

 

④ 「実験助手」として特例認定された辻博司氏

 

教員免許のない「理科実験助手」として2009年に特例認定されたのが辻博司氏。
実験助手は学校職員に区分され、その実績が日本学生野球協会から認められました。

[ 特例として認められた選手 ]

プロ所属 高校野球監督歴 担当科目
辻博司 大洋 (1969-1973) 神島 (和歌山) (不明) 理科実験助手

 

教員となり高校野球部監督となった選手たち

 

幸山一大選手のように教員となり、高校野球の指導者を目指す選手もいます。
実際に多くの選手が高校野球の監督となり、全国各地で指導者として活躍しています。

教員+高校野球監督になった選手

プロ所属 監督歴 担当科目
小嶋仁八郎 西日本 (1950) 別府緑丘 (大分) (1951)
津久見 (大分) (1952-2982)
蔦文也 東急 (1950) 池田 (徳島) (1952-1992) 社会科教諭
前川八郎 巨 人-阪 急 (1936-1946) 堀越 (東京) (1973- 1974 ?)
後原富(★) 東映 (1968-1970) 瀬戸内 (広島) (1984-2005) 社会科教諭
佐藤文男 近鉄-阪神 (1972-1982) 府中東 (広島) (1997-2007)
西村高司 巨人 (1973-1975) 長浜北 (滋賀) (不明) 保健体育教諭
阿井英二郎 ヤクルト-ロッテ (1983-1992) つくば秀英 (茨木) (1999-2004)
川越東 (埼玉) (2005-2012)
地理歴史科教諭
大野久 阪神-ダイエー-中日 (1985-1995) 東洋大牛久 (茨木) (2003-2013)
竹本修 (★) 阪急-オリックス (1987-1990) 市立尼崎 (兵庫) (2000-2019) () 保健体育教諭
有倉雅史 (★) 日本ハム-ダイエー-阪神 (1990-1998) 札幌国際情報 (北海道) (2005-) 保健体育教諭
佐野心 中日 (1992-1995) 常葉菊川 (静岡) (2008-2009)
浜松開誠館 (静岡) (2017-)
酒井弘樹 近鉄-阪神-台中宏碁金剛 (1994-2002) 名古屋経済大高蔵 (愛知) (2009-2018) 国語教諭
古賀豪紀 オリックス (1989-1993) 九州文化学園 (長崎) (2009-)
若林弘泰 中日 (1992-1997) 東海大菅生 (東京) (2009-) 社会科教諭
大越基 ダイエー (1993-2003) 早鞆 (山口) (2009-) 保健体育教諭
青木和義 西武 (1997-2004) 出水中央 (鹿児島) (2009-不明)
川俣浩明 ロッテ-阪神 (1997-2002) 藤沢翔陵 (神奈川) (2010-) () 社会科教諭
吉田道 近鉄 (1993-1996) 浜松学院 (静岡) (2012-) 社会科教諭
石川賢 ロッテ-大洋-日本ハム (1983-1993) 埼玉平成 (埼玉) (2013-)
金森栄治 (★) 西武-阪神-ヤクルト (1982-1996) 金沢学院東 (石川) (2014-2017) 保健体育教諭
内田和也 ヤクルト (2002-2007) 立正大立正 (東京) (2014-) ()
杉本友 (★) オリックス-横浜-ヤクルト (1997-2005) 仁川学院 (兵庫) コーチ (2010-2014) ()
開明 (兵庫) 監督 (2015-2017) ()
西宮甲山 (兵庫) (不明) (2018-)
物理教諭
小林昭則 (★) ロッテ (1990-1996) 帝京第五 (愛媛) (2016-) 保健体育教諭
喜多隆志 ロッテ (2002-2006) ヒマラヤスポーツ (2007-2008)
朝日大学 教員過程 (2007-2008)
朝日大学 (岐阜)コーチ (2009-2010)
智弁和歌山 (和歌山) 副部長・部長(2011-2017)
興国 (大阪) 部長 (2017-2018/7)
興国 (大阪) (2018/8-)
神田直輝 (★) 巨人 (2010-2011) 沼田定時制 (群馬) (2014-)
藤岡北 (群馬) (2019-)
補足
染田賢作 DeNA (2005-2008) 西城陽 (京都) (2019-) 保健体育教諭
伊藤義弘 ロッテ (2008-2016) 東福岡 (福岡) (2020-) 保健体育教諭

プロ入り前に教員免許を取得した選手

竹本修氏、有倉雅史氏、金森栄治氏、杉本有氏、小林昭則氏、神田直輝氏はプロ入り前に教員免許を取得。

 

 

① 教員となりコーチ・部長・助監督となった選手も

 

監督就任ではないですが、コーチ・部長・助監督になった選手もいます。
現在は指導などでチームを支えながらいずれは監督として活躍されるでしょう。

教員+コーチになった選手

プロ所属 コーチ歴 担当科目
入江淳 阪神 (1960-1963) 鵬翔 (宮崎) (不明) 部長 ()
小川邦和 巨人-カープ- アグアスカリエンテス (1973-1984) 柳ヶ浦 (大分) (2008)
九州総合スポーツカレッジ (2009)
神奈川高等学院 (2010)
尾道商 (2013)
※ 柳ヶ浦では指導せず
玉川大学通信課程に入学
英語科教諭
舟山恭史 (★) 日本ハム (1990-1996) 成立学園 (東京) (2016-2017) ()
片倉 (東京) (2018-) ()
公民科教諭
伊達昌司 阪神-日本ハム-巨人 (2001-2006) 江戸川 (東京) 助監督 (2010-2014) ()
府中西 (東京) 部長 (2015-2018) ()
雪谷 (東京) 助監督 (2019-) ()
公民科教諭
三浦貴 巨人-西武 (2001-2009) 浦和学院 (埼玉) コーチ (2013-) () 公民科教諭
川頭秀人 (★) ソフトバンク (2007-2008) 鹿島実業 (佐賀) 部長 (2013-) () 保健体育教諭
春田剛 中日 (2006-2007) 水戸啓明 (茨城) 監督 (不明) ()
水戸啓明 (茨城) コーチ (2018-) ()
保健体育教諭
中本和希 (★) 近鉄-オリックス (2004-2006) 和歌山工業 (和歌山) 部長 (2015-)
西川明 中日 (2007-2010) いなべ総合学園 (三重) 副部長 (2014-2016) ()
神戸 (三重) 副部長 (2017-2019) ()
三重 (三重) 副部長 (2020-) ()
甲斐雄平 (★) 阪神 (2010-2012) 福岡西陵 (福岡) 不明 (2020-) () 保健体育教諭
花増幸二 (★) 日本ハム (1978-1980) 鳴門渦潮 (徳島) コーチ (2015-) () 保健体育教諭
深町亮介 (★) 巨人 (2007-2008) 名古屋工業 (愛知) (2020-) 部長 () 保健体育教諭
松家卓弘 横浜-日本ハム-ゲーリー (2005-2013) 香川中央 (香川) (2015-2018) コーチ ()
高松西 (香川) (2019-) 部長 ()
地歴公民科教諭

プロ入り前に教員免許を取得した選手

舟山恭史氏、川頭秀人氏、中本和希氏、甲斐雄平氏、花増幸二氏、深町亮介氏はプロ入り前に教員免許を取得。

 

教員になったが野球部に関与していない選手

プロ所属 勤務高校 担当科目
二宮至 巨人 (1976-1983) 東和大学附属昌平 (埼玉) (2005-2006)
松本大学 (長野) 監督 (2007-2010) ()
星槎道都大学 (北海道) 監督 (2018-) ()
※ 東和大学附属昌平では指導せず
母校の駒沢大に2年間復学
社会科教諭
宮本裕司 (★) ロッテ (2008-2010) 和歌山工業 (和歌山) (不明-2018) ()
和歌山東 (和歌山) (2019-) ()
和歌山工業 (和歌山) (2021-) ()
高畠康真
(高畠導宏)
南海 (1968-1972) 筑紫台 (福岡) (2003-2004) ()
膵臓ガンのため2004年に死去
日本大学通信課程に入学 (1998)
社会科教諭
上園啓史 阪神-楽天 (2007-2015) 勤務なし
※ 引退後に取得とInstagramに記載
保健体育教諭

※ 宮本裕司氏は不明のためこちらに振り分けています

 

② 異例の中学校教員となった三浦翔太氏

 

元プロ野球選手で異例の中学校教員となったのが三浦翔太氏。
教員免許を取得したほとんどが高校教員となる中、異例の選択となりました。

大学時代に必要な単位は取っており、残りの教育実習を終了。
その後、岩手大学の非常勤講師を務めながら、教員採用試験に合格しました。

仙北中学校赴任時にはオール岩手(軟式野球)国体にも出場しています。

中学校教員となった選手

プロ所属 中学野球監督歴 担当科目
三浦翔太 ソフトバンク (2012-2014) 仙北中 (2016-2018) ()
久慈中 (2019-) ()
体育教諭

 

元プロ野球選手の高校野球部指導と時代の変化

 

時代とともに高校野球部指導の形も変化しています。
それに伴い、指導までの道のりが以前とは異なる傾向がみられます。

① ピークアウトした「進学して教員+野球部指導者」の道

 

大学で教員免許を取得し、高校野球の指導者を目指すピークとなったのは2000年代
監督となった選手の約半数が2000年代に集中し、2010年代に入るとピークアウトしています。

ピークアウトする大きな理由となったのが2013年から始まった学生野球資格回復制度
これにより教員免許は必須ではなくなり、3日間の講習で学生の指導が可能となりました。

そのため、大学に進学してまで、教員免許を取得する選手は減少しています。
単に高校野球を指導したいだけであれば、そういう流れとなるのも理解できます。

 

② 現実は甘くない「学生野球資格回復制度」

 

確かに学生野球資格回復制度により学生野球の指導は可能になりました。
しかし、すぐに学生野球の指導者の道に進めるかと言えばそうではありません。

仮に、研修を修了したとしても学生野球に携わる人はごく僅かです。
多くの場合、年数回の指導やオフシーズンだけ指導するというのが現状です。

また、雇用するにも給与面で折り合いがつかない場合もしばしばです。
月20万円程度の給与となれば1軍を経験した選手には物足りないでしょう。

また、NPBから声がかかれば突然辞めてしまうというリスクもあります。
学生野球とNPBを天秤にかければ、NPBをとるのは仕方のないことです。

さらに登録者は年々増加しており、競争は激しくなっていきます。
そのような背景もあり、認定者1340名前後で専任指導者はごく一握りです。

 

③ 本気で学生野球の指導をするなら「教員免許が必須」

 

本気で学生野球の指導者をしたいのなら教員免許の取得が必須です。
教員になれば、元プロ野球選手の場合、チャンスは確実に広がります。

実際に元プロの教員たちは採用後すぐに野球部に携わっています。
コーチ、部長など様々ですが、多くの場合で短期間で監督に就任します。

また、資格回復制度のみでの監督就任は2~3年程度の契約が大半です。
契約延長がなければ、再び無職となり職探しを開始しなければなりません。

しかし、教員であれば野球を退いたとしても”職”としては確保されます。
監督でなくとも、部長や総監督といったサポート役にも回れるでしょう。

前述のように、「繋ぎ繋ぎの指導者」では一生職は安定しません。
50歳を過ぎて指導者の仕事がなくなり、職を失う人が多いのも事実です。

日本学生野球協会の内藤雅之理事は以下のようにコメントしています。
教員監督が95%と教員でなければ監督就任が難しいことを示唆しています。

高校野球の監督は教員が95%、学校職員が3%、外部が2%という事実がある。

イチローさん、なぜ資格回復が必要? 母校で指導可能に / 朝日新聞DIGITAL

 

アスリート専門だからこそのサポート体制

 

[ スポンサーリンク ]

 

今回のまとめ

今回は引退後に教員と高校野球指導者になった選手について話を進めてきました。
引退後に野球の指導者を希望する選手は少なくなったとはいえまだ多いのが現状です。

好きな野球に携わり続けるひとつの選択肢として一番近道かも知れません。
高校野球の指導においては学生野球資格回復制度によりずいぶんと容易となりました。

それでも専属となっても短期間の契約が多く、職を転々とするのも現実です。
本当に学生野球の指導者として長く携わりたいのであればやはり教員免許は必須です。

プロ野球引退後に進学して教員免許をとるのは大変なことかも知れません。
そんな困難も乗り越えて、指導者現場に立つ元プロ野球選手たちの活躍を期待しています。

 

他にも記事を読みたい

 

 

この記事のタイトルとURLをコピー


 

文章・画像の転載はご遠慮ください

テキストのコピーはできません。