【 部位別 】腰のケアは温熱・EMS・振動でアプローチ、人気メーカーのおすすめ5選

PR

 

デスクワークやスマホなどデジタル化が進み、不良姿勢により腰を酷使しています。
今回はこうした悩みを少しでも解消するための腰部ケアガジェットを紹介したいと思います。

目次を押すと好きな所に移動できます

 

フィジカルガジェットの絞り込み検索

 

“温熱+EMS”の腰部ケアガジェット

 

EMSを用いた腰部ケアガジェットは各種メーカーから販売されるようになりました。
ここからは主要メーカーが販売する2機種を紹介しそれぞれの特徴を解説していきます。

① MYTREX EMS HEAT STRETCH (マイトレックスEMSヒートストレッチ)

 

腰部ケアガジェットで最初に紹介するのがMYTREX EMS HEAT STRETCH
ひとつの機器にEMSと温熱をプラスすることでWのサポートを実現しています。

 

本体は非常に軽く、リモコンも本体に埋め込み・取り外しが可能で便利です。
また従来のEMS機種と違い充電式なので、移動するのも持ち運びも気軽にできます。

デメリットと言えば、EMSの性質上、使用する部位の肌に水分が必要となります。
電気刺激のためその手間を省くことはできないため面倒でない方にはおすすめです。

 

MYTREX EMS HEAT STRETCH

MYTREX EMS HEAT STRETCH

温度 低温 : 38-41℃
中温 : 41-43℃
高温 : 43-45℃
EMS 6つのモード、強さ16段階
サイズ 119 × 12 × 3cm
(ウエスト 58~105cm)
重量 360g
保証 6ヵ月
付属品 ACアダプター
充電用USBコード
リモコン
定価 13,800円
購入

 

Amazonユーザーはこちら

楽天ユーザーはこちら

 

  会社概要

株式会社創通メディカル

〒812-0014
福岡県福岡市博多区比恵町1-18 東カン福岡第2ビル217号
TEL 092-260-7366
代表取締役 薛明鶴

 

NIPLUX WAISTUPLUS

 

最近よくみかけるようになった国内メーカーが販売するNIPLUX WAISTUPLUS
さきほど紹介したMYTREX EMS HEAT STRETCHと機能的に大きな差はありません。

 

ただし、こちらの方が軽量化されており、保証期間も1年間と2倍になっています。
ほぼ同じ機能で故障の不安を考慮するのであれば、こちらの機種の方がおすすめです。

とはいえ、両社を比較すると定価が2000円程度高くなっています。
決論、デザイン・保証・重さなどでご自身の目的に合う機種を選びましょう。

 

youtube動画
参照 : NIPLUX WAISTUPLUS 使用動画 / NIPLUX 公式チャンネル【公式】

 

NIPLUX WAISTUPLUS

NIPLUX WAISTUPLUS

温度 低温 : 36-40℃
中温 : 39-43℃
高温 : 41-45℃
EMS 6つのモード、強さ16段階
サイズ 29×17×8,2mm
(ベルト 115cm)
重量 300g
保証 1年間
付属品 ACアダプター
充電用USBコード
リモコン
定価 15,800円
購入

 

Amazonで他の製品も探してみる

楽天で他の製品も探してみる

 

  会社概要

株式会社日創プラス

〒813-0044
福岡県福岡市東区千早5丁目20-1 ニューガイア千早 4F
TEL 092-719-0756
代表取締役 孟一蘇

 

“温熱+振動”の腰部ケアガジェット

 

ここからは”温熱+振動”による機種を紹介していきます。
EMSによる機種と異なり、メリットとデメリットがあるので紹介していきます。

① VENOM (ベノム) 腰用

 

最後に紹介するのはハイパーアイスが販売するVENOM (ベノム)です。
腰部の問題を抱える選手や人は全世界で多く、広い範囲で愛用されています。

 

ここまで紹介したものと異なり、EMSではなく振動を用いています。
振動による効果は数多くの研究で証明されており、エビデンスも揃っています。

また、EMSと違い、水分も必要なく余計な手間は必要ないのがメリットです。
充電さえされていれば、職場や競技場でも肌を濡らさず気軽に使えるため楽です。

 

youtube動画
参照 : Venom Back / hyperice 【公式】

 

関連記事はこちら

 

② VENOM (ベノム) 2 腰用

 

人気のVENOMですが、2023年には新モデルVENOM2が販売されました。
従来の機種よりも操作性は向上し、よりスタイリッシュに生まれ変わっています。

新たにBluetoothも搭載され、外部操作も可能となりました。
アプローチできる面積も増え、今回は大幅な改善を図ったと言えるでしょう。

 

youtube動画
参照 : Venom 2 Back with Robin Arzón / hyperice 【公式】

 

VENOM

VENOM 腰用

VENOM 2 腰用
振動数 88㎐ (5280回/分)
温度 55、63、72℃ 45、50、55℃
重量 1,600g 2,300g
付属品 充電器(PSEマーク付き) 充電器(PSEマーク付き)
保証 1年間 1年間
定価 40,700円 45,800円
購入

 

Amazonの正規代理店はこちら

 

  会社概要

HIPERICE JAPAN (アルコインターナショナル株式会社)

〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場3-5-8 オーク心斎橋ビル2F
TEL 06-6563-7346
代表取締役CEO 降幡 昌弘

 

③ ドクターエアME ホット&ウェーブベルト

 

温熱+振動タイプで2023年に販売されたのがホット&ウェーブベルト
ドクターエアの新ブランドMEシリーズでWのサポートを実現しています。

 

女性を意識したブランドらしく柔らかいカラーとデザインを採用。
温感は2段階、振動は4段階と計8パターンのアプローチの組み合わせが可能です。

腰用として販売されていますが、ふくらはぎなどでの使用も可能。
薄くて軽いので持ち運びもしやすく、充電もType-cタイプのUSBを採用しています。

 

ホット&ウェーブベルト

ホット&ウェーブベルト
カラー グレー
ピンク
振動
温度 低温:44℃
高温:52℃
タイマー 約30分
サイズ 本体: 100 × 9.5 × 2cm
延長ベルト:52 × 4.5 × 0.5cm
重量 180g
保証 1年間
(3年・5年延長有)
付属品 延長ベルト
USBコード(Type-C)
定価 9,900円
購入

 

Amazonユーザーはこちら

楽天での購入は正規代理店から

 

  会社概要

ドクターエア (株式会社ドリームファクトリー)

〒530-0001
大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビル 16F

TEL 0120-05-8000
代表取締役社長 井上馨

 

合わせて読みたい!

 

今回のまとめ

 

今回は腰部ケアガジェットについて話を進めてきました。
温熱とEMS、温熱と振動の2つのタイプのアプローチから選択できます。

EMSと振動それぞれのメリットとデメリットが存在します。
過去の経験で自分にとって快適な刺激を選択して購入しましょう。

ひどくなる前にセルフケアはとても大事です。
自分の目的にあった機種を見つけて日常から体をケアしていきましょう。

 

 

文章・画像の転載はご遠慮ください